現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

2024年7月の休業日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2024年8月の休業日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※赤字は出荷休業日です


北アメリカ North American

ソーン Thorn Brewing Co.


ソーンブリューイングロゴ

2012年、サンディエゴでも指折りのクラフトビールファンに人気の地区North Parkに、当初Thorn Street Breweryの名前でオープン。2017年、Barrio Loganに新たに醸造所とタップルームを開設し、Thorn Brewing Companyに改称。さらに2019年7月にはMission Hillsにテイスティングルームをオープンし、クラフトビールの聖地サンディエゴで急成長を見せる。

創業者は、幼馴染でともに自家醸造をしていたEric O'ConnorとDan Carrico、それに、二人の情熱に共感し、創業時ちょうどブリュワリーの免許を取得しようとしていたDennis O'Connorの3人。彼らが共有する理念は、地元に密着した醸造所であること、クオリティの高いビールをつくること、さらに理念に縛られ過ぎないこと。しっかりとした主体性とクリエイティブな自由さがあり、そのため地元への貢献度も高くコミュニティーに愛されている。

ビール造りに使う原材料にもこだわりがある。地元サンディエゴへの公約として、独自の「ビール純粋令」を自らに課して、新鮮で不純物のない原料のみを使い、人工的な添加物は一切使用しない。

ロゴになっているアライグマの名前はラルフ(Ralph)。創業時から醸造所があるノースパークの近くには、巨大な総合公園バルボアパークがあり、アライグマが頻繁に出没する。また、ノースパークに隣接するサウスパークではペニーファージング(前輪が大きくて後輪が小さい自転車)の形をした自転車ラックを多く見かける。創業した地域への熱い思いから、ペニーファージングに乗ったアライグマをロゴに採用している。



Simcoe、Citra、Ekuanotホップを使用し、グレープフルーツやオレンジ、マンゴー、松脂のような味わいとドライなフィニッシュが特徴的な、Thornファ...

圧倒的なホップの香りと味わいのジューシーなNew England-style IPA。東海岸スタイルのHazy IPAが飲みたいというファンの要望に応え醸造され...

軽やかな酸味とフルーティーな甘み、そして複雑なスパイスが感じられるグルテンフリーのサワーエール。 パイナップル、ピロンシジョという黒糖、そして数種類のスパ...

ホップのキャラクターが際立ち、モルト感や苦みは控えめな王道のサンディエゴスタイルIPA。パッションフルーツやタンジェリン、マンゴー、パイナップル、松のようなホッ...