商品カテゴリ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2021年5月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

※赤字は休業日です


北アメリカ North American

コレクティブアーツ Collective Arts

クラフトビールの創造性にミュージシャンやアーティストの持つインスピレーションが融合するブルワリーCollective ArtsBrewing。2013 年10 月、カナダはオンタリオ州ハミルトンにてマット・ジョンストン氏とボブ・ラッセル氏によって創業された。ビールと同じくらい音楽やアートに情熱を傾ける二人は、同じくオンタリオ州に拠点を置くHop City Brewing で共に働いている時に出会った。そこで既成概念に捕らわれず、自分達のお互いの好きな物をサポートできる様なブルワリーを造る事を目標にCollectiveArts Brewing が誕生した。

彼らの掲げる理念は二つ、「創造性は創造性を育む」「創造性は極上のビールを産み出す」。ビールのラベルは半年ごとにその時旬な国内外のアーティストに担当してもらい、まさにその商品自体がギャラリーの様になっている。醸造するビール自体ももちろん秀逸で、ブルワリーのフラッグシップであるウェストコーストIPA のRansack The Universe IPA、2016 年にWold Beer Cup で銅賞を受賞したポーターStranger Than Fiction を始めとする幅広いラインナップも魅力のひとつ。コラボレーションも積極的に行っており、北欧のStigbergets、Lervig、イギリスのVerdant、アメリカのMoksa など、今をときめくブルワリーが名を連ねその実力が世界で認められている確固たる証明といえよう。

ビールの他にもサイダーやジンも醸造し飲料に対するクラフト性の飽くなき探求心も伺える。ブルワリー/タップルームでは毎週音楽イベントが催されており、パッケージラベルのギャラリーでそのアートワークが堪能できる。そして年に一回、国内外よりブルワリー、アーティスト、ミュージシャンを集めその集大成ともいえるフェスティバル、「Liquid Art Festival」を執り行っている。ビール、アート、音楽の様々な文化が融合し、本来の意味での「クラフト性」が体現できる唯一無二のブルワリー。

ボルチモアの人気ブルワリー、スティルウォーターとのコラボによる、ブルーベリー、ココア、バニラ、コーヒーを巧みに調和させた、心地良い甘酸っぱさのサワーエール。

大量のラズベリーに加え、ベリーの特徴を持つモザイク、バーブルージュホップをふんだんに使用した、軽快でフレッシュな酸味と濃厚なベリー感のフルーツサワー。

シムコーとモザイクホップを使用した、メロンやシトラスが香るジューシーでドリンカブルなニューイングランドスタイルIPA。

ギャラクシー、モザイク、シトラホップを使用した、トロピカルフルーツやシトラスが香るウェストコーストスタイルのIPA。ブルワリーのフラッグシップ。

ケンタッキーバーボン樽で1年以上熟成されたインペリアルポータ​​ー。リッチなチョコレートフレーバーが、樽由来のバニラ香や温かいアルコール感と調和したエレガントな一杯。

使用するホップが毎回変わる、ダブルドライホッピングを施したダブルIPAのシリーズ第7弾となる本作はロータスとモザイクホップを使ったバージョン。

アスリン・ビアカンパニーとの合作によるクラシックスタイルのDIPA。ホップにはストラータ、ザッパ、コメットを使用。香りはパッションフルーツ、ダンク、マンゴー、シトラスなど。

ブラッドオレンジとハイビスカスの花が品良く香る、爽やかでバランス良い味わいのアメリカンスタイルサワーエール。

ホップにアイダホ7、シトラ、モトゥエカを使用した、熟したトロピカルフルーツの香りの強いダブルIPA。1リットルあたり20gという大量のホップでドライホッピングしている。