現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

2024年5月の休業日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2024年6月の休業日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤字は出荷休業日です


北アメリカ North American

ベールブレーカー Bale Breaker Brewing Company


ベールブレーカーブルーイングロゴ

ヤキマバレーにある家族経営の醸造所。4世代にわたるホップ農業の経験に裏打ちされたベールブレーカーは、2013年に創業し、ワシントンで4番目に大きな独立系クラフトブルワリーに成長している。

ホップは家族のDNAの中にある。兄弟オーナーであるメーガン・クイン、ケビン“スミティ”スミス、パトリック・スミスの曽祖父母は、禁酒法が終了する前年の1932年にヤキマバレーに初めてホップを植えた。現在、メーガン、スミティ、そしてメーガンの夫であるケビン・クインは、裏庭で栽培されたワールドクラスのホップを称えるビールを醸造している。一方、パトリックとその父親は、家族の2つのホップ農場、モクシーのロフタスラーンチとグレンジャーのトリビュタリーファームを経営する。

27,000平方フィートの施設に30バレルの醸造所を持つベールブレーカーは、フラッグシップのトップカッターIPAを含む7種類の通年缶ビールを製造し、ヤキマブリュワリーとバラードブリュワリーディストリクト(シアトル)にある両タップルームでは、さまざまな季節のビールがドラフトで提供される。



地元ヤキマで最も長く操業を続けるホップファーム「B.T. Loftus Ranches」が栽培する3種のホップ、シトラ、サブロ―、モザイクを使用したヘイジーIP...

自家栽培のヤキマホップで2回のドライホッピングを施したインペリアルIPA。ホップには、Citra、Simcoe、Ekuanotが使用され、淡い色調の外観に、シト...

ヤキマバレーのホップの素晴らしさを示す、フラッグシップのウェストコーストIPA。Simcoe、Citra、Loral、Mosaicでレイトホッピングし、シトラス...

シムコーとカスケードホップで強めにドライホッピングされた、シトラスや花の香り、パンのようなモルトフレーバーが特徴のドライでドリンカブルなアメリカンペールエール。

ホップカントリーであるヤキマのホップの魅力が詰まったビールコレクション「IPAローテーターシリーズ」3部作の第一弾はブルワーお気に入りの3種のホップ、シムコー、...

地元ヤキマの「Lincoln Avenue Coffee Co.」でローストされたコーヒー豆を使用した、コーヒー、チョコレートのフレーバーが香ばしいブレックファ...