現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2020年10月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

※赤字は休業日です


日本 Japanese

ブラックタイドブリューイング Black Tide Brewing

Black Tide Brewing は東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市に2019年12月にオープンしたブルワリー。名前は黒潮にちなんで付けられた。クラウドファンディングで資金を集め、今年4月に醸造を開始した。

醸造責任者のジェームス・ワトニーは13年の醸造経験に加え、ポートランドのカルミネーションブルーイングや伊勢角屋麦酒でも経験を積んだ人物。気仙沼の自然と人に魅かれポートランドから移住して来た。

現在は3人体制で醸造を行っており、ビールを復興の力とするべく心血を注いでいる。

アプリコットピューレ使用のセゾン。イースト由来のスパイシーさとフルーティーな味わいの背景にアプリコットのほのかな風味が感じられる。爽やかでドリンカブルな一杯。

パイナップルやストーンフルーツの香りが特徴の新種ホップ「BRU-1」とシトラをメインに使用した、トロピカルフルーツやシトラスが華やかに香るヘイジーIPA。

パッションフルーツ、大麻といった個性の強い香りで知られるストラタホップをメインに使用し、よりダンクでトロピカルな味わいを目指したヘイジーなIPA。

パッションフルーツやパイナップルなどトロピカルフルーツの香り豊かな、濁りのあるIPA。苦味はクリーンで後に残らず、甘味もほどほどでドリンカブル。

アルザス地方で開発されたベリー系の香りが特徴のアロマホップ「バーブ・ルージュ」をメインに使用し、ドライホッピングされたドリンカブルなペールラガー。